インスタグラムのハッシュタグという文化

インスタグラムを開いてみると、写真と一緒に投稿されているものがあります。
写真の下に説明やコメントを付ける人がいますが、その後さらに見慣れないものが続いています。
「#」という記号と、キーワードが入っているのを目にするはずです。
これがハッシュタグと呼ばれるもので、他のSNSで見たことがある人もいるでしょう。

写っている人物などへのタグ付けとは異なり、ハッシュタグは検索用のキーワードのこと。
タグ付けとは違い、付ければ付けるほど写真を見に来る人が多くなると考えられるものです。
誰かが特定のキーワードで検索したとき、そのハッシュタグを付けた写真が一覧で表示されます。
検索用なので皆が調べそうなキーワードで付けると、ヒットしやすくなります。
フォロワーを増やし、多くの「いいね」をもらうためにハッシュタグをたくさん付ける人が目立つようになりました。

ハッシュタグという文化を定着させたと言えるほど多く付いており、一つの文化と実感できるでしょう。
ハッシュタグの付け方は、大きく2種類に分かれています。
キーワードとして付けている人と、文章の中に入れている人です。
よく見るとユニークなものや、ツッコミを入れたくなるものまで。
真面目にキーワードとして入れている人もいれば、オリジナルのキーワードを作る人も。
インスタグラムに付けられているハッシュタグのおもしろさです。

インスタグラム初心者の人も、たくさんのハッシュタグを付けてみましょう。
たくさんと言っても、付けられるハッシュタグには30個という上限があります。
関連するキーワードが思い浮かんだら、どんどん付けてみてください。

たとえば美味しそうなケーキの写真を撮ったら、まずはメニューの名前とお店の名前が挙げられます。
それだけでは少ないので、素敵な名前のケーキの種類「ショートケーキ」などを入れてみます。
次に特徴として「大粒イチゴ」「トッピング」「チョコレート」などの外見に関連するキーワード。
「ケーキ」「スイーツ」といった大きな分類を入れたり、感想で「おなかいっぱい」など入れるのも良いでしょう。
美味しい食べ物を探している人が見て「いいね」を付けてくれるかもしれません。
英語で入れると、外国のユーザーが見てくれることもあります。
「cake」のように簡単な単語で大丈夫です。

最初はキーワードが思い浮かばなくても、次第に多くのキーワードを入れられるようになります。
お店のスタッフさんが見てくれることもあり、お店側から「いいね」が来るかもしれません。
自分自身が楽しむだけでなく見に来た人も楽しめるように、いろいろな写真を投稿してみましょう。