インスタグラムでスクショをすると相手にわかる!?

インスタグラムでは写真や動画を保存できないようになっているため、スクショ撮影をして保存している人も多いでしょう。
タイムライン画面で通常投稿のスクリーンショットを撮影すると「この投稿は友達とシェアできます。」と通知されます。
しかし、このような通知が表示されても、相手に自動的に通知されるわけではないので、投稿ユーザーにスクショ撮影がバレることはありません。

インスタグラムでは簡単に消える写真や動画の送信ができるようになりました。
そのため今後、消える写真や動画をダイレクトメッセージでやり取りするユーザーがさらに増加することが想定されます。
スクショ撮影によって相手に通知が行く投稿の種類は、自動削除で送られた写真や動画のダイレクトメッセージに限られています。

24時間で消えるストーリーやLIVEはアクセス履歴は残りますが、スクショ撮影しても相手に通知はされません。
通常のダイレクトメッセージについてもスクショ撮影して相手に通知されることはありません。

しかし消える写真や動画を開封した時にスクショ撮影すると、ダイレクトメッセージをやり取りするための画面で即座に相手側に通知されます。
(送信履歴の横に「スクリーンショット撮影済み」と表示されます)

消える画像、動画は合計で2回開くことができます。
2回開いてしまうと「メッセージは期限切れです」という通知が表示され削除されてしまいます。
1回目に画像を開いた時にスクショした後、もう1回画像を開いてみると送信元の画面には「リプレイ済み」と表示され、スクショの通知は消えます。
つまり受信した写真、動画をスクショしたとしても瞬時にリプレイするか、こちらから相手に画像、動画などを送信すると履歴は上書きされスクショの通知は消えてしまうのです。

インスタグラムはダイレクトメッセージで送信した写真や動画は一度閲覧すると消える仕組みになっていましたが、何度でも再生できるオプションを追加しました。
ダイレクトメッセージで写真や動画を送信する際に、友達に一度しか見せたくないなら「表示1回」を、そうでない場合は「返信を許可」を選んでから送信ボタンを押せば設定は完了します。

返信を許可すると、送られた写真や動画はループ再生するものが送られ、相手はタップすると一時停止できます。
これまでは一度見ると消えてしまった写真や動画も、相手が返信を許可していれば何度でも再生できるようになりました。
何度も見たい場合や加工して返信したい場合は「返信を許可」を選択して送ってもらうようにしましょう。